2011年08月31日

夜の活動時間が増える〜禁酒ダイエットのメリット(その4)

禁酒ダイエットを開始して、一番感じたことのひとつが「こんなに夜って時間があるんだな」ということです。

毎日飲んでいたころは、仕事終わり=晩酌開始でしたので、いわゆるプライベートタイムはすべて酩酊していました。もちろん、前後不覚に陥っているわけではありません。楽しく飲んで、家にいるならテレビも見て、風呂なども入るのですから、何も時間が飛んでいるということではありません。

ただ、今になって冷静に考えてみると、やっぱり酔っぱらっているわけで、まともな活動は何一つできていなかったと思います。本を読むといった知的な活動はもちろん、ジョギングや筋トレをするといった活動もまったくできません。

もともと本を読む以外に取り立てて趣味などはないのですが(強いて挙げれば、お酒を飲むことでした)、こうして素面(シラフ)で過ごす夜が増えると、「酔っぱらっていなければ、もっと色んなことができたのにな…」という気持ちになってしまうことは事実です。

もちろん、これまでの飲み生活が全部ムダだったとは思いませんが、それに費やす時間が大きすぎたのは確かでしょう。ただ、非常に幸いなことは、私の場合「お酒を飲まない生活の素晴らしさ」に気づくことができました。

今でも、お酒は本当に美味しいと思っていますし、今後も上手に付き合っていきたいと思います。ただ、それと同時に、お酒を飲まない生活の素晴らしさも、皆さんに知ってもらいたいと考えています。

posted by N(エヌ) at 16:02 | Comment(0) | 禁酒ダイエットのメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。