2011年09月15日

【77日目】本格的に「ノンアルパパ」を満喫中!?

win.jpgあまり浸透している言葉だとは思えませんが、普段、ノンアルコールビールを飲むお父さんのことを「ノンアルパパ」と呼ぶそうです。

私も最近は、毎日ノンアルコールビールのお世話になっている状況ですから、まさに「ノンアルパパ」といえるのかもしれません(何となくおバカっぽい気がするのは、気のせいでしょうか?)。

お酒を毎日飲んでいたころは、運転などをするわけでもないのにノンアルコールビールを飲むなんて「ありえない」と思っていましたが、今ではすっかり満喫中です。お気に入りはサントリーのオールフリーですが、これは本当によくできた商品で、少なくとも「プハーッ」という感覚は十分味わえる思います。

これでカロリーゼロですから、本当に禁酒ダイエットには最高のパートナーといえるでしょう。ひとつ難点を挙げるとすれば、値段が高いということ。酒税もかかっていないのに、なぜか発泡酒や第三のビールよりも値段が高くなっています。

人気があるから…ということでメーカー・販売店ともに強気の価格設定をしているのが理由のようですが、近所のスーパーが思いっきり安いときで6缶入り750円ほど。同じノンアルコールビールであるキリンフリーやサッポロのプレミアム アルコールフリーと比べても、お値段が高めのケースが多いと思います。

これは、いつも利用しているカクヤスなどのお酒専門店も同様ですし、アマゾンの価格を見ても、やっぱりそんなに安くはなっていません。うーん、もうちょっと競争してほしいな…。

●体重:64.4sバッド(下向き矢印) 体脂肪率16.1%バッド(下向き矢印) 体脂肪量10.4sバッド(下向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分×2  
●昨日までの累計削減カロリー 37,300kcal



posted by N(エヌ) at 16:16 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炭酸水ダイエットとは?(効果や方法など)

炭酸水ダイエットとは、文字どおり炭酸水を飲んで痩せるダイエットのことです。基本的には、炭酸水を飲むとお腹が膨れるため、結果的に食事量が減り、ダイエットにつながる考え方に基づいたものです。

ここでいう炭酸水とは、炭酸水素ナトリウムが入った水のことですが、近年はサントリー ソーダキリン NUDA(ヌューダ)など、ノーカロリーの炭酸水がたくさん発売されていますし、クリスタルガイザー スパークリングPerrier(ペリエ)のような天然炭酸が入った欧米のミネラルウォーターも簡単に手に入る時代です。

晩酌のビールの代わりに炭酸水を飲む、あるいは風呂上がりにペリエを飲む(ちょっとおしゃれですね)という具合に活用すればよいわけで、禁酒ダイエットとの相性も抜群といえるでしょう。

また、炭酸水には整腸作用があるといわれており、便秘に悩んでいる人などは特に試してみる価値があるでしょう。血行促進や疲労回復にも効能があるという説もありますが、こちらはもうひとつ信頼性のあるソースが見つからなかったので、実際の効果のほどは定かではありません。

炭酸水は食用の重曹とクエン酸を混ぜることで簡単に作ることができますので、炭酸水ダイエットというとこちらの方法が紹介されるケースもありますが、正直言って市販の炭酸水を購入するほうが手軽ですし、味も様々なものを試すことができます。

価格的にも安いものはたくさん流通してますし、そもそも禁酒ダイエットと併用するような人であれば、ビールを飲むよりはるかに安上がりですので、わざわざ自分で作らなくても市販のもので十分といえるかもしれません。

クリスタルガイザー スパークリング 炭酸入りミネラルウォーター 532ml*24本入り(並行輸入品)
クリスタルガイザー スパークリング 炭酸入りミネラルウォーター 532ml*24本

【ケース販売】キリン NUDA(ヌューダ) プレーンソーダ 500ml*24本
【ケース販売】キリン NUDA(ヌューダ) プレーンソーダ 500ml*24本

ペリエ(Perrier) 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター 750ml*12本入り(並行輸入品)
ペリエ(Perrier) 炭酸入りナチュラルミネラルウォーター 750ml*12本入り

posted by N(エヌ) at 10:36 | Comment(0) | お酒とダイエットの知識・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

家にストック酒を置かない〜禁酒を成功させるコツ(その3)

日常的にお酒を飲む人であれば、まず間違いなくお酒を買いだめしていることでしょう。これは当たり前すぎてコツというほどのことではないのかもしれませんが、「家にお酒のストックを置かない」というのは、禁酒や節酒を成功させるうえで、やはり非常に有用な手段となります。

もちろん、禁酒に対する強い意志があれば、あるいは常用飲酒の習慣が完全になくなった人であれば、たとえ家にお酒があったとしても「飲みたい」という衝動を抑えることができるかもしれません。

しかし、禁酒や節酒を始めて間もない人であったり、一度本格的な依存症に陥った経験がある人にとっては、お酒を見る機会がある、あるいはお酒がすぐ手の届くところにあるという状況は、極めて厄介なものです。

それこそ完全にドクターストップがかかっているような場合でもない限り、「お酒をやめよう」という気持ちは簡単に覆る危険性を常にはらんでいます。残念ながら、お酒にはそれだけの魅力がありますし、理性をさらっと吹き飛ばすパワーを持っています。

長年の飲酒経験がある人の場合、一念発起して「今日はお酒をやめよう」と思っても、実際にやめることができるか否かは、本当に「紙一重」の差で決まります。友人や同僚に飲みに誘われる、仕事で嫌なことがあるといった、ほんのちょっとしたきっかけ一つで「今日まではいいか」となってしまうことは、多くの方が共感できるのではないかと思います。

ストック酒の存在は、十分にそのきっかけになり得ます。実際私自身、今日は飲まないと決めていたのに、たまたま開いた冷蔵庫に冷えたビールが入っているのを見て、「まあ今日は1本だけ飲むか」という結果になったことが何度もあります。

できるかぎり自分の周りから飲酒の「きっかけ」を減らすこと――やはりこれは、禁酒や節酒を成功させる大きなコツの一つと言えるのではないでしょうか。

posted by N(エヌ) at 12:40 | Comment(0) | 禁酒や節酒を成功させるコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【76日目】連日の体重減でいよいよ64キロ台に突入

win.jpgいつのまにか連続禁酒が12日となりました。おかげで夕食後にジョギングを行える機会も多くなり、結果的に体重がスルスルと落ちてきています。

もちろん、ダイエット期間中にはいくら運動しても体重が減らない「停滞期」が存在するものですが、「そんなのあるの?」というぐらい順調にウェイトダウンが進んでいます。

累計削減カロリー(計算ルールはこちら)も気がつけば、脂肪5s分(7,200kcal×5)となる36,000キロカロリーを突破しました。禁酒ダイエット開始時の体脂肪量は14.7s、現在は10.7sですから、ちょうど4sの脂肪を削ることができています。理論値の8割を削減できてきているわけで、こちらも相当満足のいく数値といえそうです。

●体重:64.5sバッド(下向き矢印) 体脂肪率16.6%グッド(上向き矢印) 体脂肪量10.7sグッド(上向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分×2 ジョギング6q40分 
●昨日までの累計削減カロリー 36,600kcal





posted by N(エヌ) at 10:57 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

サントリー・モルツのカロリーは?

サントリー モルツ 350ml×24本モルツ球団などのプロモーションもあって、国内ビール業界では後発組ながら、一定の知名度を持つようになったサントリーのモルツ

その上位版であるザ・プレミアムモルツが大きくヒットしたことで、ビールブランドとしては完全に定着した感がありますが、そのモルツのカロリーはどうなっているのでしょうか。

100mlあたりのカロリーは42kcalで、350ml缶一本あたりだと147cal。これはキリンのラガービールと同じで、かなり一般的な数値といってよいでしょう。

糖質は100mlあたり3.6gで、これはラガービール(3.2g)などと比べると若干高い数値となっています。もちろん微量な差ですので、特に気にする水準ではないでしょう。


posted by N(エヌ) at 20:32 | Comment(0) | ビールのカロリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする