2011年09月17日

【79日目】すっかり慣れた「酒なしの花金」

win.jpg昨日は三連休前の「花金」。この“ハナキン”なんて言葉を使うのはオジサンの証拠かもしれませんが、花の金曜日(花金はこれの略でしたね。花の〜という言い方からして、ちょっと恥ずかしい気がします)といえば、やっぱりお酒を盛大に飲む日というイメージがついてまわります。

もちろん、これはお酒好きの人だけの感覚でしょうが、私もつい最近までは週末といえば(翌日のことを気にせず)ガッツリ飲める日の象徴でした。禁酒ダイエットのスタート後も、しばらくは週末の一杯を楽しみにしていた気がします。

ところが、ここ何週かは「花金」の禁酒にも成功しています。おかげで、長くても5日、6日止まりだった連続禁酒日が、一気に延びるようになりました。週末金曜日に飲まなくても平気になった理由は、実はよく分かりませんが、「酒なしの花金」にすっかり慣れたことは確かです。

もちろん、これによっていろいろなメリットがあるのでしょうが、少なくとも土曜日という1日がとても長く使えるようになりましたね。うーん、土曜日にはこんなにいろんなことが出来たんだな…。

●体重:64.5s− 体脂肪率16.4%バッド(下向き矢印) 体脂肪量10.6sバッド(下向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分×2 ジョギング3q20分 
●昨日までの累計削減カロリー 39,100kcal




posted by N(エヌ) at 21:54 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルクヱビスのカロリーは?

サッポロ シルクヱビス 缶  350ML 1缶もともと上品なイメージが強いサッポロのヱビスビールですが、シルクヱビスはさらに上品さをアップさせた商品といえるでしょう。

「軽やかなヱビス」というキャッチフレーズのとおり、より飲み口のよいヱビスビールを目指したもので、実際、非常に口当たりの良い、飲んだ瞬間に「いいビールだな」とわかる逸品となっています。

そのカロリーに目を向けてみると、100mlあたり46kcal、350ml缶一本だと161kcalとなっており、若干高めの数値だといえるでしょう。

糖質は100mlあたり3.3gですから、こちらはほぼ標準的な数字。もちろん、カロリー的にも高カロリーというほどの水準ではありません。

posted by N(エヌ) at 21:26 | Comment(0) | ビールのカロリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

タンパク質とお酒(アルコール)の関係

たんぱく質は、炭水化物(糖質)、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつであり、健康的なダイエットにおいては、高たんぱく、中(低)炭水化物、低脂肪な食事を摂ることが基本とされています。

その理由は、タンパク質が筋肉や血液、臓器といったカラダの主要部分の材料となっているからですが、タンパク質が不足すると、疲れた臓器の回復に支障をきたしたり、あるいは筋肉が分解されて弱くなってしまうといった事態が起こってしまうのです。

特にダイエットにおいては、筋肉の分解(専門用語では異化といいます)が大きな問題であり、タンパク質不足から筋肉が減ってしまうと、基礎代謝が落ちる、すなわちリバウンドしやすい体になってしまうわけです。

DHC プロティンダイエット 7袋入り極端に摂取カロリーを減らしてしまうと、当然ながらタンパク質の摂取量は減ってしまいます。しかも、やっかいなことに炭水化物や脂質はたくさん入っている食品が多い一方で、たんぱく質が豊富な食品となると限られてくるのが実情です。何も考えずに摂取カロリーを削ると、タンパク質ばかり減らしてしまうというケースも少なくありません。

タンパク質は英語でプロテイン(pretein)といいます。近年流行しているプロテインダイエットは、置き換えダイエットの一種ですが、通常の置き換えダイエットでは不足しがちなプロテインを多量に配合している点に特徴があります。低カロリーな食事に置き換えつつも、たんぱく質の摂取量はきっちりと確保することで、リバウンドのしにくい健康的なダイエットを目指すわけです。

こうしたタンパク質とお酒(アルコール)の関係ですが、正直いって相性はあまり良くありません。アルコールにはそもそもタンパク質を変性させる性質が備わっていますし、アルコールのカロリーを気にして食事量を減らすことが、たんぱく質の摂取量に影響を与える可能性もあります。

一番の問題は、アルコールの分解(代謝)は肝臓で行われるということ。アルコールの分解のために肝臓は大いに疲弊しますが、その修復・回復の材料となるのはタンパク質です。つまり、アルコールを大量に摂取すればするほど、大量のタンパク質が必要になるというわけです。

自分では「酒のつまみとして、刺身や肉など大量のタンパク質を取っているから大丈夫」と思っていても、実は、そのタンパク質はすべて肝臓の修復・回復に使われているとしたら……やはり筋肉の維持に回るたんぱく質は不足してしまうでしょう。

プロテインなどのサプリメントに頼らないかぎり、たんぱく質だけを集中的に摂取することは困難です。このタンパク質確保という点から見ても、ダイエット中のお酒は控えめにしたいものです。



<追記>ちょっと調べてみると、健康系通販の最大手のケンコーコムでもプロテインダイエットは買えるんですね。普通のプロテインも格安なのでケンコーコムはよく見ていたんですけど、全然知らなかった…。

DHC プロティンダイエット 7袋
DHC プロティンダイエット 7袋

パーフェクトプラス プロテインダイエット プレミアム ミックスベリー味 350g
パーフェクトプラス プロテインダイエット プレミアム ミックスベリー味 350g

posted by N(エヌ) at 13:58 | Comment(0) | ○○とお酒(アルコール)の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【78日目】最長記録となる2週間(14日間)の酒断ちに成功

win.jpg禁酒(飲み会があるときや本当に飲みたいときは飲む節酒ですが…)をスタートしてから2ヵ月半が経ち、「今日は飲もうかな〜」という感覚にとらわれるケースが本当に減りました。

早めに帰宅できた日は夕食後のジョギングが楽しみになっていることも、禁酒デーを増やす要因になっていると思います。飲むと走れませんし、走った後に飲むのはまったく健康的ではない(美味しいんですけど…)ということが分かったからです。

連続禁酒は昨晩でちょうど14日間(2週間)。これまで2週間以上もお酒を飲めないような大病はしたことがありませんから、お酒の味を知って以来、本当に20年ぶりくらいにお酒抜きの生活を送ることができました。飲まないストレスなども、少なくとも気分的にはまったくなく、自分でも驚くほど禁酒生活を堪能できている状況です。

つい3ヵ月前までは「体を壊さない限り、酒なんてやめられない」と考えていたのですが、なぜそんなふうに思い込んでいたのでしょう。今ではちょっと不思議な感覚です。

●体重:64.5sグッド(上向き矢印) 体脂肪率16.9%グッド(上向き矢印) 体脂肪量10.9sグッド(上向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分×2 ジョギング8q60分 
●昨日までの累計削減カロリー 38,500kcal



posted by N(エヌ) at 12:24 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

バドワイザーのカロリーは?

バドワイザー 350ml×24缶数ある外国ビールの中でも、最も一般的な存在と言えるのがアメリカ生まれのバドワイザー(Budweiser)ではないでしょうか。

国内では現在、キリンがライセンス販売していますが、その愛称バド(Bud)やバドガールも有名です。やっぱり国内ブランドとはかなり違う味わいで、好みはかなり別れるところでしょう(個人的には結構好きですが、水っぽいと言う人も多いですよね)。

そのカロリーは100mlあたり40kcalで、350ml缶一本だと140kcal。標準的な国産ビールに比べると、若干低い数値だといえるでしょう。

糖質はさらに低く、100mlあたり1.9gとなっています。国内ビールは100mlあたり3g前後ということを考えると、なかなか優秀な数値だといえるかもしれません。

posted by N(エヌ) at 21:01 | Comment(0) | ビールのカロリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする