2011年08月05日

カクテル・梅酒・焼酎まで拡大するノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料に関するおもしろい記事がありました。紹介されている「小鶴ゼロ」はたしかに気になりますね。

以下、毎日新聞(2011/08/05)から引用です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−――
ノンアルコール飲料:カクテル・梅酒・焼酎まで拡大

ビール味が先行して普及したノンアルコール飲料の種類が、カクテルや梅酒、さらに焼酎にまで広がり、市場が急拡大している。昼食や仕事の間などでも気軽に飲めるためで、当初販売対象として想定した女性だけでなく、男性からも支持を得ているという。

サントリー酒類は10月4日、ノンアルコールカクテル「のんある気分」(350ミリリットル缶、税別122円)を発売する。長年培ったリキュールやカクテルの知見を生かし、「お酒らしい味わい」と、アルコール・カロリー・糖類の「ゼロ」を両立させるという。

ノンアルコールカクテルでは、アサヒビールが先行して昨年9月に「ダブルゼロカクテル」を発売した。今年も売れ行きが好調で、販売目標を上方修正した。今年に入ってからも、チョーヤ梅酒が「酔わないウメッシュ」、鹿児島県の本格焼酎の蔵元、小正醸造が芋焼酎テイストの「小鶴ゼロ」を発売するなど、さまざまなタイプのノンアルコール飲料が登場してきている。

「小鶴ゼロ」は、ノンアルコールビールの人気を受けて消費者から「ノンアルコールの焼酎はないのか」という問い合わせが増えたことから開発。芋の香りと風味が出るよう工夫したという。

サントリー酒類によると、ビール味も含めたノンアルコール飲料の市場規模は、09年の1060万ケースが10年には2170万ケースと倍増。11年はさらに約3割増の2900万ケースに拡大すると見込まれている。

市場拡大の背景には、ノンアルコール飲料が生活のさまざまな場面に浸透してきたことがある。従来は、自動車の運転前や飲酒を控える「休肝日」に酒の代わりに飲まれるケースが多かった。しかし、各社の技術開発でおいしさが向上したことに加え、種類も増えたため、仕事や育児の合間、昼食時などに飲まれるようになった。

飲料各社は「チャンスが広がっている」(サントリー酒類)と期待を高めており、今後も新商品の発売が相次ぎそうだ。
posted by N(エヌ) at 17:39 | Comment(0) | ノンアルコール飲料NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【36日目】脂肪2キロ分のカロリー削減に成功

win.jpg禁酒ダイエットスタート35日が経過した昨日、ついにアルコールカット等による推定削減カロリーが14,700kcalとなりました。

脂肪1sを燃焼させるのに必要なカロリーが7,200kcalと言われていますから、いよいよ脂肪2s分のカロリーを減少させたことになります。体重は本日時点で3.8s減(70.8s→67.0s)、そして体脂肪量は2.1s減(14.7s→12.6s)という結果ですから、推定数字はほぼ正しいと考えてよいかもしれません。

脂肪だけで体重を落とすのが理想ですが、それはどうやっても無理な相談のようなので、この成果には非常に満足しています。次の脂肪3s分のカロリーを削減したときの状況を想像すると、やっぱりモチベーションが上がりますね。

●体重:67.0sバッド(下向き矢印) 体脂肪率18.8%バッド(下向き矢印) 体脂肪量12.6sバッド(下向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分×2  
●昨日までの累計削減カロリー 12,500kcal




posted by N(エヌ) at 10:11 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする