2011年08月26日

アルコールの害と影響について

私は基本的にお酒が大好きです。お酒の厳密な定義はよく分かりませんが、「アルコールが入った飲み物」ということで、ほぼ問題ないでしょう。

つまり、お酒が大好きということは、アルコールが大好きということにほかなりません。ご存知のとおり、アルコールについては、古くからいろいろな害や悪影響が指摘されていますが(アメリカでは禁酒法が施行されていた時代もあります)、正直、好きなものの悪い面というものは、なかなか真正面から向き合って考えることができないものです。

私の場合、今回の禁酒ダイエットによって、あらためて「お酒を飲まない生活」の素晴らしさを知ったわけですが、その一方で、飲みたいときには飲むという「お酒と上手に付き合う生活」にも大きな魅力を感じています(実際、現在は飲みたいときに飲む「節酒ダイエット」を実践しています)。

せっかく自分でアルコールの摂取量をコントロールできる(と思います…)ようになったわけですから、この機会に、しっかりとアルコールと向き合ってその本質と正体を調べ、アルコールの害と影響について知識を蓄えたいと思っています。

これまで20年近くにわたり、500mlのビール換算で3〜6本くらいは毎日飲み続けてきたわけですから、アルコールの害と影響を知ると「ヒエーッ」という気分にもなりそうですが、今後の人生で同じ轍を踏まないためにも、きっちり把握していきたいと思います。

現段階でざっと思いつくアルコールの害と影響(悪影響)は、次のとおりです(順次追加していきます)が、こうやって文字で並べてみると、やっぱり嫌ですねぇ。

1.酩酊による事故が起きやすくなる
2.肝臓をはじめとして内臓をむしばむ
3.脳が委縮する(痴呆になりやすい?)
4.発がん性物質である
5.依存体質になる
6.アルコールは合法ドラッグ!? >詳細
posted by N(エヌ) at 14:13 | Comment(0) | アルコールの害と影響 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【57日目】トリプルスリーで、ようやく停滞期を脱出

サントリー ザ・プレミアムモルツ 350ML×24缶数百グラム単位での体重の増減に一喜一憂しても、何の意味もないことは分かっているのですが、2週間以上にわたって体重の減少が滞っていただけに、本日の禁酒ダイエット開始後の最低値(66.3s)は、非常にうれしいものです。

しかも停滞期脱出の証ともいえる、体重、体脂肪率、体脂肪量の3分野で最低値(勝手にトリプルスリーと呼ぶことにしました)ですから、おのずとモチベーションも上がってきます。

とはいえ、昨晩はストック酒の誘惑に負けて、プレミアムモルツを1本だけ飲んでしまいました。もう1本という気分にはまったくならなかったのは大きな進歩ですが、ストック酒は、やっぱり禁酒ダイエットの大敵ですね。。。

●体重:66.3sバッド(下向き矢印) 体脂肪率17.7%バッド(下向き矢印) 体脂肪量11.8gバッド(下向き矢印)
●昨日の運動 なし   
●昨日までの累計削減カロリー 25,800kcal



posted by N(エヌ) at 10:10 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

ノンアルコールのスパークリングワインがメルシャンから登場

ノンアルコールビールをはじめとして、アルコールフリー(要はアルコールゼロ)の飲み物は禁酒ダイエットの強い味方です。著名な国内ワインメーカーであるメルシャンから、ノンアルコールのスパークリングワインが発売されるそうです。名前は「メルシャンフリー スパークリング」とのこと。これは楽しみです。

以下、産経新聞(2011/08/24)から引用です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−――
メルシャンは24日、アルコール分0.00%のワインテイスト飲料「メルシャンフリー スパークリング」を11月30日に発売すると発表した。ノンアルコール飲料市場の拡大を見込んで開発したもので、年内で1万ケース(1ケース=360ミリリットルで12本)の販売を目指す。

白とロゼの2種で炭酸を含んでいる。ブドウジュースと差別化するため、かんきつの香りがする成分を多く含むブドウ汁を開発。ワインを飲んだときと同じように、飲む直前の鼻先だけでなく鼻腔で香りを感じられるようにした。

普段ワインを好む人で、運転中や子育て中などの理由でアルコール摂取をひかえる場合や、パーティーシーンなどでの活用を想定している。

オープン価格だが、市場想定価格は420円前後。

グループのキリンビールでヒットしたビールテイスト飲料「キリン フリー」と共通のロゴを使用し、認知度の向上を図る。

メルシャンによると、ノンアルコール飲料市場は「キリン フリー」発売前年の2008年は約3万キロリットルだったが、10年は約4倍の約12万キロリットルに拡大。11年は約15万キロリットルになると見込んでいる。


以下、読売新聞(2011/08/24)から引用です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−――
メルシャンは24日、アルコール0・00%のワイン風味飲料「メルシャンフリー スパークリング」(ロゼと白の2種類)を11月30日に発売すると発表した。

キリンビールとの共同開発で、ブドウ果汁に柑橘(かんきつ)の香りの成分を加えるなどし、口の中にワインのような香りが広がるようにした。360ミリ・リットルで想定価格は420円前後。

0・00%のアルコール風味飲料は、キリンが2009年にビール風味の「キリン フリー」を発売した。飲酒運転撲滅の風潮が高まり、最近3年間で国内需要が約5倍に急成長している。最近は種類も多様化しており、チョーヤが3月に梅酒ソーダ風味の「酔わない ウメッシュ」を発売し、サントリー酒類は10月にカクテル風味の「のんある気分」を発売する。
posted by N(エヌ) at 17:29 | Comment(0) | ノンアルコール飲料NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不快な二日酔いと無縁になる〜禁酒ダイエットのメリット(その2)

アルコール飲料は非常に気分が良くなる飲み物ですが、ついつい飲みすぎる傾向があり、その結果としてツライ二日酔いに襲われることが多々あります。

体質的に「ほとんど二日酔いなんてならない」という羨ましい方もいるようですが、私の場合は、基本的にメチャクチャ次の日に残るタイプのようで、ちょっと調子に乗って飲みすぎると、すぐに不快な二日酔いに苦しめられます。

翌日の午前中は気持ち悪く、吐いてしまうこともしばしば。時には夕方まで気持ち悪いなんてことも結構な頻度であったものです。こういう日でも、最終的にビールの1本や2本は呑んでしまうわけですから、もう完全な依存症状態だったのでしょう。

お酒自体は、相当量を飲んでも俗にいう「記憶がなくなる」とか、そういう事態になることは少なく、周りからは「酒豪」「ザル」として見られていると思いますが、その実、アルコールが残ってしまって辛い思いをしていたわけです(自業自得ですが)。

禁酒を始めると、(当たり前の話ですが)この二日酔いからは完全に無縁になります。朝の目覚めが良くなるという話もありますが、私の場合、禁酒生活を続けていても朝は常に眠く、目覚めは良くありません(笑)。ただ、二日酔いになっているのとなっていないのは大きな違いで、その意味では本当に気分の良い朝を迎えることができています。

また、禁酒ダイエットといっても、飲みたいときには飲む「節酒」ですので、飲酒する日は多々あります。しかし、普段飲んでいないことから肝臓が元気になっているせいか、以前だったら確実に二日酔いのなる量を飲んでも、翌日のダメージが非常に少ないことが実感できています。

二日酔いがない生活、それがちょっと禁酒するだけで手に入るわけですから、皆さんにもぜひ実践をお勧めします。

posted by N(エヌ) at 13:20 | Comment(0) | 禁酒ダイエットのメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【56日目】停滞期を脱出する兆しが見えてきた!?

win.jpg本日の身体計測では、ようやく8月10日に出した最低体重66.5sに並ぶことができました。このときの数字は、水が抜けてマグレに近い数字だったんでしょうね。

65s台もすぐだ!なんて浮かれたのもつかのま、同じ数字が出るまで、まるまる半月もかかりました。ただ、この間もしっかりと禁酒(節酒)してきたので、いつかは下がると思っていましたが、正直ここ数日は「?」という気持ちもありました。

もちろん、ここからまた体重が減って行ってくれなければ、停滞期脱出とはなりません。過去の傾向から言って、あるときガツンと下がるのですが、それはいつか? 早めにその日が来ることを祈りたいです。

●体重:66.5sバッド(下向き矢印) 体脂肪率18.3%バッド(下向き矢印) 体脂肪量12.2sバッド(下向き矢印)
●昨日の運動 自転車20分 ジョギング3q20分  
●昨日までの累計削減カロリー 25,400kcal




posted by N(エヌ) at 12:40 | Comment(0) | 日々の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする